『びわ』 葉の焼酎漬けが体にいい!作り方紹介

びわの葉酒

びわの葉の焼酎漬けが体にいいと言われていて、今話題になっています。

びわの葉の焼酎漬けの効果・効能や作り方後半でご紹介!

スポンサーリンク

びわの葉の焼酎漬けの効果・効能は?

びわの葉の焼酎漬け

びわの葉の焼酎漬けの効果・効能は、胃のもたれや口内炎、歯痛、歯茎の腫れ、歯槽膿漏などによく効きます。びわの葉の焼酎漬けを2~3倍に薄めたものを口に含むだけでよく、最後に飲み込んでもかまいません。のどの痛みやせきにも効果があります。

びわの葉の焼酎漬けを2~3倍に薄めてちびりちびりと飲むとよく、お酒に強い人ならストレートでもかまいません。この方法で、内臓の痛みや炎症にも効果があります。

2~3倍に薄めてガーゼに浸して湿布すれば、水虫、切傷、やけどなどにも効きます。

飲んでいる人の口コミや評判

びわ 食べ方

ここでは、実際にびわの葉の焼酎漬けを飲んでいる人や 使っている人たちの口コミ・評判をご紹介します。「こんなことにも使えるなんて!」とびっくりしますよ♪





ほかにも、さまざまな効果・効能があるようです!まさに「万能」ですね♪

びわの葉の焼酎漬けの作り方

びわの葉の焼酎漬けの作り方は、とても簡単です。

びわの葉の効果

使用するびわの葉は1年以上経った濃い緑色の肉厚のものを選び、タワシで両面をよく洗います。水気が切れるまで乾かした後、2~3cm幅に切ります。タワシで洗う時は、葉の裏側にある綿毛をできるだけきれいに取るようにします。

果実酒用の広口ビンを用意しておき、ホワイトリカー1.8リットルに対してビワの葉120g程度を漬け込みます。その後、密閉して冷暗所に置き、3~4週間後、葉の上下を入れ替えます。入れ替え作業は2~3回行います。

冬場で4ヶ月、夏場で3ヶ月置けば完成します。ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存