びわの葉温灸が不妊や便秘にも効果があると話題!その理由は?

びわの葉温灸の効果

病気で苦しんでいる人は数多いです。不妊や便秘、高血圧症、がんなど、重い軽いはともかく、いろんな病気に悩んでいるのが現代人と言えるかもしれません。さて、世の中の多くの病気に対して効果が期待されているのが、びわの葉なのです。ここでは、びわの葉温灸の効果ややり方についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

びわの葉の効果とは?

びわの葉 効果

びわの葉の中には、【アミグダリン】と呼ばれるビタミンB17が豊富に含まれています。このアミグダリンは、抗がん作用や発がん抑制作用があるとされているのです。

実は、びわの葉温灸に取り組んだ人からは、がんだけではなく、肩こりや腰痛、神経痛など、多くの病の解決に役立ったと話しています。メカニズムは非常にシンプルです。もぐさと一緒に患部に圧力を加えて、それで血行を改善するのです。びわの葉温灸は、酸素を補給しつつ、血液をきれいにしていきますので、多くの病の原因と言われている活性酸素を取り除いてくれるのです。活性酸素が除去されることで、苦しい症状が解消されていくのです。

びわの葉温灸について

びわの葉温灸のやり方

びわの葉温灸のやり方は、大変に簡単です。遠赤外線による熱を発生させるのが、ポイントです。遠赤外線は、最も体に熱が伝わりやすいのです。そして、人間の細胞の波長にぴったりとフィットしますので、温熱効果も期待できます。

びわの葉温灸は、不妊や便秘にも効果が期待できますが、実は、最も明確なのは、痛みに対してのものです。がんに悩んでいる人でも、腫瘍が小さくなったり、あるいは、完全に消失した事例もあるほどです。びわの葉温灸を施した後、空腹感を覚えたという人は少なくありません。食欲が出てきたということは、取りも直さず、健康を回復しつつあるということです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存