【枇杷の種】がんにも効果的!驚くべき効能とは?

枇杷

枇杷の種には、色々な効果がありますが、中でもがんに効果的と言われています。驚くべき効能があり、昔から漢方薬としても用いられてきたほどなんですよ!さっそく効能・効果などをご紹介していきますね!

スポンサーリンク

枇杷の種の効能・効果とは?

枇杷の効果

枇杷の種には花粉症をはじめ、アレルギー疾患にも効果があり、様々な病状と症状に劇的な効果があると言われています。がんなどの難病にも優れた効果があり、多くの人が実際に体験しています。ちなみに枇杷は「大薬王樹」とも呼ばれていて、枇杷に含まれる【ビタミン B17】は、体温と一緒に暖められると肌に浸透して、細胞の中にまで入っていき、ガン細胞だけを攻撃したり、炎症を治したり、整腸作用があります。

また、枇杷の種には、ミネラルとビタミン群が豊富に含まれていて、アミグダリンという物質が沢山含まれています。アミグダリンは、がん細胞を死滅させる働きがあり、枇杷の葉にも含まれているのですが、種には1000倍以上の量が含まれています。

枇杷の種はがんにも効果的!

枇杷の種

枇杷の種は、ビワの葉風呂やビワの葉ローションを併用すると、アトピー性皮膚炎によく効き、肝機能改善にも効果を発揮します。枇杷の種は、がんだけではなく、肝機能を改善したり、強い抗酸化作用もあるので、体にとって良い影響を与えることができます。

昔から万能薬として愛されてきた枇杷の種は、実際に枇杷の種ががんに効果的という確かな裏付けはまだないのですが、体にとって嬉しい効果効能があるのは、間違いのないところです。

びわの葉温灸もおすすめ!

枇杷の葉を使った温圧療法(びわの葉温灸)は、もぐさを45度の遠赤外線で体内に入れ、温圧効果と成分を浸透させることでガン細胞を死滅、また血液を浄化させることで免疫を高める効果が得られます。ガンを患っておられる方に多い強い痛みも和らげてくれるそうです。やり方はこちらの動画をご覧ください。

⇒ がん患者さんへのびわの葉温灸【動画】

びわの葉温灸に必要な道具は、通販などでも購入することができます。ガンの予防にもなりますので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存