びわアレルギーは加熱で解決!? 症状や対処法は?

びわアレルギー

アレルギーというと、卵や乳製品に対するものが多く挙げられますが、中には、びわを食べると、アレルギー症状がでる方がいます。ここでは、びわアレルギーの症状や対処法についてご紹介します!

スポンサーリンク

びわアレルギーは加熱で解決!?

びわアレルギー

びわアレルギーの方でも、びわを加熱処理することによって、食べることが出来る場合もあります。加熱によってアレルゲンが変化する為だと言われており、例えば、ジャムなどは、十分加熱した加工品ですので、アレルギーの症状が出ることは少ないでしょう。

びわの他にも、加熱処理をした果物や野菜は、構造が変化し、アレルギーが出にくいと言われています。アレルギーに敏感な方は、まずは熱を通したものから試してみるのが賢明です。一気に食べるのではなく、少しずつ舌にのせて、反応を見ながら食しましょう。

びわアレルギーの症状や対処法は?

びわアレルギーの症状

びわアレルギーの症状としては、目やのどの痛みや痒み、呼吸器の異常などが最も多く、食べた直後から口の中やのどがピリピリするのが初期症状です。これは、シラカバの花粉症の症状と類似しています。その為、この手の花粉症に弱い方や敏感な方は、びわを食べることでも何らかの異常を感じることがあるのです。びわを食べておよそ10分~15分くらいで、症状が出はじめ、通常は、軽い程度でおさまることが殆どです。

びわアレルギーの人が、大量にびわを食べてしまった場合、ごく稀ですがアナフィラキシーショック(血圧低下・呼吸困難・意識障害など)が起こる場合があります。異常を感じたら、うがいをしたり、水を飲んだりするなどの対処法を取りましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存