※びわの種の植え方や育て方

※注意※ びわの種に関して

ビワなどの種子(たね)や未熟な果実には、天然の有害物質が含まれています。 有害物質を高濃度に含む食品を多量に摂取すると、健康を害する場合があります。熟した果肉は、安全に食べることができます。

詳しくは農林水産省HP http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/naturaltoxin/loquat_kernels.html

びわの種

びわの種は植えて育てることもできます。種から育てる方法はこちら!

ビワの種の植え方について

ビワの種の植え方

<植え方・育て方>
(1)大き目の種を選びます。

(2)種を傷つけないように注意しながら、しっかりと果肉を取り除きキレイに洗います。

(3)芽が出やすいように、茶色の皮を少しだけ剥がします。

(4)2〜3cm程土を掘ったら、水に濡らしたままの状態の種を埋めます。

(5)乾燥しないように水やりをしたら完了です!

発芽に適した4月〜7月頃であれば、約1ヶ月ほどで芽が出ます。ビワは乾燥に弱い植物なので、水やりを欠かさずに行いましょう!

実がなるまでは9年ほどかかりますが、種から育てると愛着もわき、実がなった時の喜びも大きいですよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする