ねじめびわ茶の効能・効果は? 癌予防にも効果的!? ※鹿児島

ねじめびわ茶

ねじめびわ茶は、鹿児島大学と共有特許を取得するほどの効能の高さにより、現在高い注目を集めています。びわ茶には、びわ由来の成分が配合されています。

健康や美容、ダイエットなど さまざまな効果をもたらすことで知られている「びわの葉」を使ったお茶『ねじめびわ茶』が話題になっています。ここ...
スポンサーリンク

ねじめびわ茶の癌予防効果

ねじめびわ茶

この成分は、世界で20カ国以上の医療の現場においてガン対策として使用されています。
ねじめびわ茶は、ガン細胞増殖抑制剤とガン細胞アポトーシス誘導剤という2つの特許を取得しています。

特に、ガン細胞アポトーシス誘導剤は活性酵素によりガン細胞へと変化してしまったガン細胞が自滅させるための効能があり、癌予防として極めて効果的であると言えます。

癌予防以外の健康効果

ねじめびわ茶

そして、癌予防以外にも美容や肥満対策にも効能があります、とりわけて効能が高いのは、デトックス効果です!びわは、体内の不要物質を体外に排出してくれるので不純物を解消することができます。

代謝は、加齢とともに落ちていくので年齢を重ねる毎に肌のむくみやたるみなどの症状が気になることが多くなります、このような、再び代謝の良い身体に戻してくれる働きもねじめびわ茶には存在しています。

癌予防の効能で内面かた健康体になれる上に、外面から美しく綺麗になることができるのがねじめびわ茶の特徴です。お茶だからこそ簡単に毎日継続することができますね。

スポンサーリンク

ねじめびわ茶は自律神経失調症にも効果的!

自律神経失調症 効果

自律神経は、自身の意思とは関係なく働く神経です。例えば、「心臓が動くこと」や「食べたものを消化すること」「血圧、体温の上がり下がりなど」は自律神経の働きによるもので、生命を保つために大切な身体の機能をコントロールしています。

また自律神経は、【交感神経】と【副交感神経】の2種類にも分けられています。交感神経は、活動モード時に働く神経で、呼吸や心臓の働きが早くなる時、血圧の上昇などが交感神経の仕事です。副交感神経は、休息モード時に働く神経で、呼吸や心臓の働きが遅くなる時、血圧が下がる時などが副交感神経の仕事です。

交感神経が働くと副交感神経が休み、交感神経が休むと副交感神経が働くといったように交互にバランスを保ちながら互いに働いています。このバランスが崩れてしまうと「自律神経失調症」といった症状になってしまうのです。

この自律神経失調症に効果的なのが【ねじめびわ茶】といわれているのです。その効果ですが、びわ茶に含まれている「アミダグリン」という成分が血液を浄化する作用があり、血液が浄化されることで新陳代謝もあがり、免疫力や自然治癒力が高まりこれが、自律神経失調症に効果があるとされています。

今話題の『ねじめびわ茶』
ついにご愛飲者数100万人突破!!


国立鹿児島大学との共同研究で作られた
ミネラルが豊富でデトックス効果バツグンの『ねじめびわ茶』

・香ばしい味がおいしい
・肌がきれいになりました
・体の調子がよくなりました
などの感想が続々!!

>>ねじめびわ茶 詳しくはコチラ

ねじめびわ茶の口コミはこちら

ねじめびわ茶の口コミ

自律神経失調症に効果があるとされていますが、その中でもオススメのねじめびわ茶がありますよ。特別製法でお茶にされており、栽培からお茶になるまでを一貫して行っています。無農薬で育てられたびわの木の葉からつくられています。

びわ茶はノンカフェインでミネラルも豊富、苦みや渋みもなく小さい子どもでも飲みやすいお茶です。さらにリラックス効果やタンニンが含まれていないことから、鉄分の吸収を阻害することなく、鉄分が不足しがちな女性にもお勧めです。

口コミにも、「美容に効果が見られた。」や「代謝がよくなりダイエットにも効果があった。」などといった声も聞かれ、女性誌でも数多く取り上げられました。美容に気を付けているモデルさんもねじめびわ茶を愛飲していますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする