【びわの葉茶】 ガン予防に効果的! 作り方や効能は?

※注意※ びわの種に関して

ビワなどの種子(たね)や未熟な果実には、天然の有害物質が含まれています。 有害物質を高濃度に含む食品を多量に摂取すると、健康を害する場合があります。熟した果肉は、安全に食べることができます。

詳しくは農林水産省HP http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/naturaltoxin/loquat_kernels.html

びわの葉茶

さまざまな健康効果のある【びわの葉茶】がガン予防に効果的だと注目されています!

ここでは、そんな びわの葉茶の作り方と効能をご紹介!簡単に作れるので、ぜひ、生活に取り入れてみてください♪

びわの葉温灸は、今話題の療法で、癌に効果的と言われています。 ここでは、びわの葉温灸のやり方や効果・効能をご紹介! ガンに効果的...
スポンサーリンク

びわの葉茶がガン予防に効果的!

びわの葉茶

びわの葉茶には様々な栄養が含まれています。

その中でも多く含まれている【アミグダリン】という物質ががん細胞を死滅させる力があるため、毎日飲むとがん予防に効果的です。

びわの葉茶の作り方は?

びわの葉茶

びわの葉茶を作る時には若い葉よりも、古い葉の方を選んだほうが効果があります。

びわの葉茶の作り方は生の葉を使用する場合は裏側に毛が生えているので、たわしなどでこすって落としてから乾燥させます。風通しの良い日陰につるしておいたり、乾燥剤を入れた袋に入れておく方法もあります。

【びわの葉茶の作り方】
乾燥したびわの葉はハサミで2㎝程度に切るか、手でちぎって小さくします。1.5lの水を入れたヤカンの中に乾燥したびわの葉20gを入れて沸騰させ、そのまま10分間煮出します。その後茶漉しなどで葉を取り除いたら出来上がりです。

さめるまでヤカンに入れ続けておくと味が濃くなるので、好みによって調節します。また煮出す前にびわの葉をフライパンで炒っておく作り方もあります。こうすると香ばしさが加わり美味しく飲めます。

びわの葉茶の効能・効果は?

びわの葉茶

びわの葉茶はがん予防の他にも疲労回復、下痢止め、利尿、夏ばてなど様々な効能があります。

またびわの葉茶を飲むだけではなくお風呂に入れたり肌につけたりすると、シミやイボを取ったり水虫などにも効果があります。様々な効能があるびわの葉茶を生活に取り入れることで健康に過ごせますよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする