『びわの葉温灸』の効果的なやり方を紹介!

びわの葉温灸

びわは昔から魔法の木と言われていて葉温灸で便秘は解消できるという話をよく耳にしたことがあります。生きとし生ける者の万病を治す植物として登場しました。

そんなびわの葉を使った健康法で有名なのが【びわの葉温灸】です。

ここでは、びわの葉温灸の効果的なやり方をご紹介します。

病気で苦しんでいる人は数多いです。不妊や便秘、高血圧症、がんなど、重い軽いはともかく、いろんな病気に悩んでいるのが現代人と言えるかもしれ...
スポンサーリンク

『びわの葉温灸』って何?

びわの葉

びわの葉温灸をするときは、1年以上 木についていた濃い緑色の厚めの葉を少し湿らせ、びわの葉の表面を直接皮膚に当てます。葉の上にはサラシと紙を重ね、ツボや圧痛点に置きます。温度は熱すぎてもいけません。

次に、上から火のついた棒もぐさを指圧の要領で当ててきます。1本のもぐさでは、火が消えてしまう可能性があるのでで2,3本の棒もぐさに火をつけて交互に使います。こういった方法で行うお灸のことを【びわの葉温灸】といいます。

欠点として煙が出る、におい独特、火の粉や灰の後片付けが大変などがあげられ、安全面で子供や高齢者には多少難しいものがあります。やり方をすべて把握した上で行ってください。

棒もぐさを使用して行う方法も有効的ですが、遠赤外線式温熱器を使用する方法など3タイプもやり方はあります。これらは、温灸効果だけではなく指圧効果も望めるので、大きな効果が期待できると思いますよ。

びわの葉温灸の効果的なやり方

びわの葉温灸法

びわの葉温灸の効果的なやり方は、温灸の前に お風呂に入ることです。ビワの葉温灸の前にお風呂をすませ、入浴後30~60分くらい休んで血行を落ち着かせてから開始すると効果的です。

びわの葉温灸の効果を上げるには、1日2回以上することです。押圧する目安は10~20秒程度がよく、病気の治療目的の場合、朝晩2回か、朝昼晩3回など間隔をあけて温灸します。

温灸後に疲れた場合はやりすぎになるので、押圧する秒数を短くしたり、温灸の回数を減らして調節します。

びわは昔から魔法の木と言われていて葉温灸で便秘は解消できるという話をよく耳にしたことがあります。生きとし生ける者の万病を治す植物として登...

スポンサーリンク

びわの葉温灸のポイントは?

びわの葉温灸法

びわの葉温灸のやり方は、自分で工夫しながら、体に合うやり方を見つけるのが一番です。
何より、安心してリラックスした状態で行うことが大切で、それがこの療法の効果を最大限に高めるポイントです。緊張した状態でやっても、びわの葉のエネルギーが有効に浸透していきません。

びわの葉温灸

また、びわの葉温灸は、『定期的に続けることで本領を発揮してくれる療法』であることを忘れてはいけません。心地よいくらいの温度で十分な効果があるので、あまり熱いのはよくありません。熱さを我慢すると自律神経のバランスを乱すことになります。

効果をあげるためには、自分の力で治すのだという意識を持ち、それが可能だと信じることが重要です。

びわの凝縮成分を手軽にサプリで『びわ丸』
ついにご愛飲者数10万袋突破!!
びわ丸

国立鹿児島大学との共同研究で作られた
ミネラルが豊富でデトックス効果バツグンの『ねじめびわ丸』
簡単にびわの凝縮成分を摂取できます!

・お灸だけではなく体内で摂取することでより効果的!
・肌がキレイになり体調がいいという感想多数
・鹿児島大学と共同開発&共有特許取得

しかもリピート率 95.7%など好評です!

>>びわサプリ 詳しくはコチラ

便秘を解消できる理由とは?

便秘解消 方法

また、女性に嬉しい効果として『便秘解消効果』も挙げられます!

実は、びわの葉温灸をすることで、気や血の流れを良く経し、内臓の働きが正常になります。結果、血行がよくなって体の隅々まで酸素を送り、組織のガス交換を促進させ、新陳代謝を活発にさせるんです。なので便秘に悩んでいる方もびわの葉温灸で解消されるという訳です。

もちろん温灸をしたからと言ってすぐに便秘が解消される訳ではないので、食生活や基本的習慣も見直してみましょう♩